イボに良いとされるヨクイニンの錠剤はどこで買うのが安いのか?

イボができてしまう原因

体のいろんなところに現れるイボ。なぜイボは出来てしまうのでしょうか?
ヨクイニンについて詳しく紹介する前に、まずはその原因についてお話します。何事も解決するためには、原因を知っておくことが大切ですからね。

 

イボが出来る原因には諸説ありますが、そのほとんどはウイルスが原因とされています。
ヒトパピローマウイルスというウイルスが、皮膚に出来た傷に入り込み、そこで増殖することによってイボとなってしまうのです。自分では見えないほどの小さな傷にもこのウイルスは入り込めるので、気が付かないうちにイボが出来てしまっていたなんてことも多いんですね。

 

出来てしまったイボには、ヒトパピローマウイルスが存在しています。
そのため、イボの周囲に新しい傷が出来るとイボの中にいるウイルスが転移し、またしてもイボが出来てしまうのです。
一個イボができると、周辺にもイボどんどん出来てしまう理由は、ウイルスが感染するからなんです。
イボが増えてしまうのを防ぐためにも、イボを発見したら早めに治療を始めましょう。

 

ヒトパピローマウイルスの種類は100種類以上あるとされていますが、そのほとんどは良性です。正しい治療をすれば完治することができます。
イボを見つけたら早めに治療と対策をとりましょう。

イボの種類

イボにはいくつか種類があります。自分のイボはどれに当てはまりますか?
※「疣贅(ゆうぜい)」というのはウイルス性という意味です。

 

「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」

手足の先や手足の関節など、傷が出来やすかったり、擦れて傷が出来やすい箇所に出来るウイルス性のイボです。

 

「足底疣贅(そくていゆうぜい)」

尋常性疣贅と同じイボですが、足の裏に出来た場合足底疣贅と呼びます。出来はじめは突起のあるイボですが、足裏なので体重が掛り次第に平らなイボになります。
イボの周りの皮膚が固い角質化し、その中にイボがめり込んだ状態になります。魚の目やタコは足底疣贅に分類されます。

 

「伝染性軟属種(でんせんせいなんぞくしゅ)」

直径1〜3ミリほどの小さな白い点が中心にある、軟らかくて光沢のあるイボです。別名、水イボとも呼ばれています。
イボ自体が軟らかく破けやすいので、イボの中のウイルスが飛び散りやすく感染しやすいのが特徴です。
プールなどで感染しやすいので、子供や赤ちゃんに出来やすいイボですね。

 

「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」

皮膚の老化によって出来てしまうイボです。紫外線を浴びやすい顔・手の甲・腕などに出来ることが多いです。
イボの色が、濃い肌色から黒色といったように色素が濃いのが特徴です。

 

「青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)」

青年期に出来るイボです。1〜3ミリほどの小さなイボで、表面が平らになっているのが特徴です。顔にできやすいイボです。

 

「尖圭コンジローマ」

陰部や肛門周囲に出来るイボ。カリフラワーのような形をしているのが特徴。性交渉によって感染する性病の一つです。

イボの治療方法

ウイルス性のイボの場合、放っておくとどんどん大きくなってしまったり、周囲に新しいイボが出来てしまいます。そうなったら嫌ですよね。
そうならないためには、イボを治療しなければなりません。イボの治療方法が以下のようになります。

 

「凍結療法」

液体窒素でイボを急激に冷やし、イボの中のウイルスを壊死させる方法です。
1週間に1回、または2週間に1回といった風に繰り返し液体窒素をイボに当て、徐々にイボを壊死させていきます。
イボが完全に壊死すると、ポロッとイボが取れます。(著者の場合なかなかイボが取れず、無理やり引き抜いて激痛と出血をした苦い思い出がありますが・・・)
液体窒素を皮膚に当てるので、チリチリした痛みがあります。また、水ぶくれも出来やすいです。液体窒素を当てた後は、イボがジュクジュクしがちなので清潔に保つことが大切です。

 

「レーザー治療」

レーザーでイボを壊死させ取り除く方法です。治療後数日でイボが取れます。凍結法と似たような治療法ですね。

 

「切開手術」

イボが皮膚深くまで進行してしまい、凍結やレーザーでは取り除けない場合には切開手術となります。患部をメスで切開してイボを取り出します。
もちろん局部麻酔はしますが、術後は傷がかなり痛みます。

 

「注射治療」

イボの中のウイルスにダメージを与える薬剤を、直接イボに注射する方法です。他の治療法と同じく、数日後にイボがポロッと取れます。

 

どの方法もイボ治療には有効ですが、痛みを伴うのが難点です。さらに凍結療法以外は、保険適応外となるので高額治療になる場合もあります。

参照サイト